子どもから大人までの「話育」教室

「話育」とは・・・・

 

文字通りの「話し方の教育」 です。

 

日本語の話し方について、

コミュニケーションの在り方をお伝えするものです。

 

美しい日本語を話すことも大切です。

そして、発する言葉はどんな想いが込められているのか、

何を伝えたいのか。ということを改めて見直して欲しいと考えています。

 

インターネット、SNSでの文字でのコミュニケーションが多くなる一方で、直接、声を聴きながら話すという機会が減ってきています。

 

ネットの良さを否定するのではなく、共存しながら「絆」を強めることをより意識していく必要がある昨今。

 

「話育」を通じて、子ども達の可能性を拡げ、大人の戸惑いをなくす内容をお届け致します。

 

 

 

<対象:ママの場合>

昔から、「子は親の鏡」と言われています。

 

母親の言葉遣いや、声掛けの仕方でその子の自尊心・自己肯定感・共感力など、さまざまな部分で影響があるコミュニケーション。

 

言葉と表情は連動していますか?

同じ出来事でも、受け取り方を変えるだけでその子のやる気が引き出せます。

SNSが発達している今だからこそ、リアルなコミュニケーションをもっともっと大切に、短い時間でも、凝縮した声掛けをすることで、親子関係・友人関係がぐっと広がり、悩みが解消するヒントが沢山。

 

PTA・学校・自治体・ママサークルなど。

 

<対象:大人の場合>

学生・成人・職場でも日本語のコミュニケーション不足が目立ちます。

声掛けの仕方や、プラスのアプローチ、思い違いなどの解消。

 

いくつになっても、人間関係に悩むのは常です。

それは、集団欲求というものがあるからこその人間の自然な欲求ですが、その欲求を満たすためにはどのようなコミュニケーションが必要になるのか、必要に応じて、ワークショップ形式や、座学でお伝えしております。

 

大学・中小企業・自治体・企業研修など。


※料金に関してはお問い合わせください。